サラ金は総量規制対象外ではない件

自分がカードローンやキャッシングを利用するとは米粒程にも思っていなかった今日この頃、借り入れをして買い物をしたいと考えてサラ金の門を叩いたのです。今自分のお財布にはお小遣いである諭吉が1枚程度であの素敵な買い物をするためにはどうしても借金が必要でした。

今回はそんな自分が体験した総量規制対象外ではないサラ金のお話を致します。


<いざという時に頼りになるサラ金>

自分は正社員で生計を立ててはいるものの家族がいるためあまりに高い買い物は普段我慢していました。しかしあのショーウィンドーの中で光るあの商品は本当に喉から手が出る程欲しかったため、今後の自分へ気合を入れるという意味でもカードローンを利用してみようと思い立ったのです。
実際にサラ金に出向くのは初めてだったので緊張していましたが、席に座った途端に笑顔の女性がお茶を持って来てくれてとてもホッとしました。


<総量規制対象外ではないという壁>

そしてサラ金で聞かされた話は「うちは総量規制対象外ではないからこれ以上貸すことが出来ない」ということでした。一体何がどうなっているのかと調べたところ、現在自分は家で車の借金をしておりましてそれが年収の3分の1ギリギリだった訳です。総量規制は年収の3分の1以上はお金を借りられないよという制度なので、自分はもう借り入れすることが出来なくなっていたということだったのです。
自分は借り入れが出来る金融機関を探す旅に出ました。

<PR>
サラ金比較—大手のサラ金業者ランキング!銀行よりも素早い融資をご希望の方におすすめ!

niadmin / 2015年2月27日 / オリジナルログ

総量規制対象外だからといって頼りすぎてはいけない

総量規制対象外は、年収のことを気にしないで借り入れたいと思っている人にはもってこいのシステムです。
複数のローンを一本化するという場合にも使えるので、まとめたいと思っている方は規制の対象外になるようなところで行うといいですね。
しかし、便利な面だけではないのが事実です。
気をつけなくてはならない面もあるので、今回はその部分について紹介します。


総量規制対象外だと「たくさん借りてもいい」という心理が生まれてしまう可能性がある

年収の3分の1を超えてのキャッシングができるとなると、「借りすぎても大丈夫だ」という気持ちが生まれてしまうこともしばしばあります。
しかしその気持ちに呑まれて多額の借金を背負ってしまうと、かなり危険です。
借りるときはよくても、返済のときに苦しくなるのが計画性のないキャッシングの宿命なので、借りすぎないように気をつけましょう。


実際は年収の3分の1を超えての借り入れはできない?

また、いくら「総量規制対象外」となっていても、年収の3分の1を超えての借り入れができないというケースがほとんどのようです。
個々人の利用限度額を決めるのは金融機関側ですので、対象外となっていてもある程度はお金を貸す側が規制をかけるんですね。
とはいえ、総量規制対象外となると気持ちがつい舞い上がってしまいますので、キャッシングを利用しようと思っている方は特に気をつけましょう。

niadmin / 2015年7月13日 / オリジナルログ

総量規制対象外で借り入れし過ぎた時の対処法について

家族に内緒でうまくキャッシングを利用していましたが、家族全体での借金に変わりはないのでとうとう観念して妻に話をしました。妻は驚いていましたが結果許してくれたのでありがたいと感じましたが、実際に借金は少し多くなっていたためどうにかして減らす方法を考えました。

今回は銀行の方におすすめされた借り入れし過ぎた際のおまとめローンについてお話致します。


<総量規制対象外でもおまとめ可能>

総量規制対象外とは年収に関わる部分での借入制限なのでおまとめ出来ないということはありません。おまとめ後の金額が年収の3分の1以上になるという状況である方であれば消費者金融ではなく銀行でのおまとめがおすすめです。
そしておまとめローンは複数の借り入れを一本化することが出来るという優れものなので今回のように車のローンと自分個人の借り入れをまとめる際にはとても適した金融サービスなのです。
おまとめローン自体の手続きはとても簡単で現在の借り入れ状況がわかる書類があれば申込みをすることが出来ます。


<困った時は窓口での相談がおすすめ>

自分は妻に話をしたその足で銀行に向かいこれまでの経緯と借り入れについての不安を相談しました。そうすると現在の金利より低い金利でまとめることで借入総額を減額することが可能であると教えてくれたのです。

車のローンは自分が個人的に借り入れをした総量規制対象外の銀行より金利が高かったため結果的には個人の借り入れ部分が見えなくなる程借入総額を減額することが出来ました。総量規制対象外だからと言ってどんどん借りる前にしっかりと計画を立てて借り入れすることを学んだキャッシング体験でした。

niadmin / 2015年2月27日 / オリジナルログ

家族に内緒の総量規制対象外

総量規制対象外の銀行で見事にキャッシングをすることに成功した自分は早速あのショーウィンドーへ向かいました。ああ素晴らしい素敵な商品がずらりと。しかし気がかりなのは自分がキャッシングをしているということが家族に知られやしないかということ。

今回はそんな家族に内緒でキャッシングしたいという方におすすめの対応策についてお話致します。


<利用明細は基本インターネットで>

以前は金融系の利用明細は全て郵送で送られてきていました。利用しているクレジットカードの利用明細も封書で毎月送られて来ます。クレジットカードは棚で管理しているためわざわざ個人的なキャッシングなんて契約しなくても良いのではないかと言う方もいらっしゃるかもしれませんが勝手に利用したら明細で知られてしまうため難しいのです。

そこで家族に内緒にしたい方に是非利用して欲しいサービスがインターネット上で管理出来るWEB明細です。利用した履歴や使った金額が携帯でも確認出来ますし郵送で利用明細書が送られてくることが無くなるため家族に知られずに済むのです。しかしここできちんと管理をして頂きたいのがIDとパスワードの管理です。家族がいると家にあるパソコンも共有している場合が多数あります。そこでインターネット上のWEB明細にアクセスしIDやパスワードを記録したままパソコンを切り、その次に家族がパソコンを開いた時にそのWEB明細を見られてしまうという可能性が出てきてしまうからです。
なるべく家族に内緒のものは家で見ないよう自分の携帯でのみアクセスする癖をつけるようにして下さい。もしどうしても家のパソコンから確認や申請がしたいという場合にはIDやパスワードをそのまま残さないように注意をしましょう。


<大切なのはどんな時でも対応出来る演技力>

WEB明細にすれば郵送物はなくなりますが一番の難関はその申込み時にあります。申込みの際には必ず電話確認が来るため家か会社に連絡が行きます。この際利用して欲しいのが家ではなく会社に連絡をする総量規制対象外銀行を選ぶということです。本人確認のため家に連絡をするというところもありますが、中には会社へ確認をとっただけで確認が終わるという総量規制対象外の銀行もあります。

まだ利用していないのに家族に知られてしまうなんてとんでもない。総量規制対象外のキャッシング利用時にはWEB明細にて対応し申込みの際には細心の注意を払って家族に知られないように契約をしてキャッシングライフを楽しみましょう。

niadmin / 2015年2月27日 / オリジナルログ

総量規制対象外であれば更に借り入れ可能

自分はお小遣いが少なくてとても困っている全国の会社員兼夫代表です。実際自分の会社にも妻からのお小遣い減額を言い渡されてほとほと困っているという人間が山程います。会社でも家でも肩身が狭い人生、少しくらい自分の自由になるお金があっても良いのではないのでしょうか。


<総量規制対象外という誘惑>

家で車のローンをしている自分は個人的にこれ以上借り入れをすることが出来ません。パートで働いている妻であれば女性専用カードローンやキャッシングを利用出来ますがね。しかし世の中には救う神が必ずいらっしゃるようで、自分は銀行のキャッシングというかけがえのない総量規制対象外商品を見つけたのです。

《PR》総量規制対象外のレイク>>>レイクのサービス提供会社は銀行であるため、総量規制の対象外として扱われます


<色々な意味で限度を超えるのは良くない>

総量規制対象外であれば年収に関係なく借り入れをすることが出来るため、銀行の金融商品であれば自分でも借り入れをすることが可能です。他に借り入れをしていても本当に大丈夫なのだろうかと窓口で聞いてみたところ何と必要な書類があれば大丈夫という快い返答が返って来ました。これで自分は小遣いが少なすぎて辛い毎日から抜け出すことが出来る。
しかし自分の年収の3分の1以上借り入れをするということは、月の返済額も増えるし返済方法次第によっては借金が増えすぎてしまう可能性もあります。簡単に借り入れが出来るとはいえ大きな金額をどっさり引き出すことはせず、必要な金額だけを借り入れして余計な借金はしないようにしましょう。

niadmin / 2015年2月27日 / オリジナルログ